ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

当社初の商用水素ステーションの開所式を行いました

2016年3月15日
当社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:月岡 隆)は、成田国際空港敷地内にて営業を開始する当社初の商用水素ステーション「成田水素ステーション」(以下「本ステーション」)の開所式を3月14日に実施しました。
当社は、経済産業省等の実証・研究事業※1の一環として、2011年2月より運用してまいりました成田国際空港敷地内の水素ステーションの商用化に向けた供給設備の新設工事を完了し、このたび開所式を開催いたしました。
開所式には、来賓として、谷経済産業省大臣官房技術総括審議官、諸橋千葉県副知事のほか、成田市を含む近隣自治体などから約50名の方にご出席いただきました。
当社は本日より本ステーションの営業を開始し、ステーションの運用を通じて、さらなる事業・技術面の検証と知見の蓄積を進め、燃料電池自動車の普及と水素社会の実現に貢献してまいります。
来賓によるテープカット 水素ステーション外観

成田水素ステーションの概要

所在地
敷地面積
千葉県成田市木の根字神台24番地(成田国際空港内)
約700m2
水素供給方式 オフサイト方式
充填能力 約300Nm3/h
充填圧力 70MPa(約700気圧)
充填速度 3分程度/台
主要構成機器 水素受入ユニット、水素圧縮機、蓄圧器
ディスペンサー、水素プレクール設備
水素販売価格 当初1,100円/kg(消費税抜き)※2
支払方法 各種クレジットカードのみ
(出光Bizカードは使用できません)
営業日・時間 平日9時〜17時 (但し、年末年始は休業)

  • ※1:水素供給・利用技術研究組合(HySUT)が受託した経済産業省「水素利用社会シス テム構築実証事業−水素ハイウェイプロジェクト」、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「地域水素供給インフラ技術・社会実証事業」、「水素利用技術研究開発事業」
  • ※2:1Nm3あたり約100円。水素販売価格は経済状況や販売環境などの諸条件で変更する場合があります。
このページの上部へ