ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

2015年10−12月の原油処理計画について

2015年10月1日
当社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆)は、2015年10月から12月の原油処理計画を3製油所合計で前年比100%の680万kℓとします。

1.国内需要見通し

国内景気は緩やかな回復を続けているものの、省燃費車普及等の減少要因があり、前年を下回る水準を見込んでいます。

2.原油処理計画について

当社は3製油所体制下での供給ショートポジション戦略を継続しており、原油価格が大きく変動する環境下、低在庫運用を図りながら、輸入・国内調達等の多様な供給方法を活用し、柔軟な需給調整と安定供給の両立を図っております。
上記に加え、当該期間中は昨年同様、北海道・愛知製油所での定期検査・補修工事の実施が当社製油所の生産能力に影響しますので、10〜12月の原油処理水準を上記の通りといたします。
  原油処理量 前年比
7−9月見込み 690万kℓ 101%
10−12月計画 680万kℓ 100%

参考:7〜9月原油処理見込み

海外市況低迷に伴う、一部輸出の見送りにより、前回公表比10万kℓの原油処理減となる見込みです。 (前年比 内需向け:96%、輸出向け:380%)
このページの上部へ