ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

豪州ボガブライ石炭鉱山 一部権益の譲渡について

2015年3月23日
当社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆)は、本日、豪州現地法人ボガブライ・コール社※1(Boggabri Coal Pty Ltd.、社長:成内 伸一)が保有するボガブライ鉱山の権益10%を、新日鐵住金株式会社(本社:東京都千代田区、社長: 進藤 孝生、以下「新日鐵住金」)の豪州現地法人NS・ボガブライ社(NS Boggabri Pty Limited、社長:野村 忠司)に譲渡し、同鉱山からの石炭の長期売買契約を締結することといたしました。※2
※1
出光興産の100%出資会社である出光オーストラリア・リソーシズ社の100%出資子会社
※2
関係当局による認可など諸条件が整い次第、権益譲渡契約の発効となる見通し
ボガブライ鉱山は豪州ニューサウスウェールズ州に位置し、高発熱量で低硫黄・低灰分の高品位炭を年間約560万t(2014年)生産しております。昨今、石炭火力発電所の新設が計画されている日本およびアジアで需要が伸びていることから、本年には年産700万t体制への移行と、選炭機導入による高品位化および鉄鋼用原料炭生産を予定しております。
当社は昨年8月にボガブライ鉱山権益の10%を中国電力株式会社に譲渡いたしました。今回、新日鐵住金への10%権益譲渡および石炭長期売買契約により、日本国内における石炭の大口需要家である電力・鉄鋼産業から鉱山操業のパートナーを迎え入れることができました。このことは鉱山経営の安定化に大いに資するものであり、ひいては我が国のエネルギーセキュリティの貢献に繋がるものと考えます。また、今回の新日鐵住金への長期売買契約締結を契機に、鉄鋼用原料炭分野においても、石炭利用技術のさらなる向上を図りながら、日本およびアジアの鉄鋼会社への販売を強化してまいります。
当社は今後も石炭商品のラインアップの充実と供給基盤の安定化を進めるとともに、保有資産の競争力強化、ポートフォリオの組み替えに努め、出光グループ第4次連結中期経営計画で掲げた石炭事業再構築をより一層進めていきます。

契約の概要

契約者 買主:NS・ボガブライ社
売主:ボガブライ・コール社
権益比率 10%
内容 ボガブライ石炭鉱山の鉱区、資産の10%を譲渡する。

ボガブライ鉱山の概要

所在地 豪州ニューサウスウェールズ州
操業会社 ボガブライ・コール・オペレーションズ社(Boggabri Coal Operations Pty Ltd.)
生産開始 2006年
鉱区面積 約3,872ヘクタール
採掘方法 トラック・アンド・ショベル法による露天掘り
石炭品位 瀝青炭(燃料用一般炭および鉄鋼用原料炭)
生産量 約560万t/年(2014年)
特徴 高発熱量・低硫黄・低灰分で、かつ原料炭特性(粘結性)を有する石炭
権益比率(権益譲渡後) ボガブライ・コール社 80%
中国電力・オーストラリア・リソーシズ社 10%
NS・ボガブライ社 10%

鉱山位置

鉱山位置

ボガブライ探鉱

ボガブライ探鉱

調印式

中央右側 : 新日鐵住金 原料第一部長 青木 泰 様
中央左側 : 出光興産 常務取締役 資源統括 関 洋
調印式
このページの上部へ