ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

北海道製油所が緑化優良工場として経済産業大臣賞受賞
〜操業以来続けてきた緑化活動が評価〜

2014年11月6日
当社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆)は、製油所操業以来、継続して構内の緑化を積極的に推進してまいりました。このたび、この活動が評価され、顕著な功績があったとして、11月4日(火)に北海道製油所が「緑化優良工場等経済産業大臣賞」を受賞しましたので、お知らせいたします。
当社北海道製油所は、1973年の操業以来、潮風や火山灰など苫小牧特有の厳しい環境の中、自然環境との調和や地域社会との共生を大切にする製油所づくりを目指し、積極的に緑化に取り組んできました。現在、ななかまど、白樺、黒松など137種類、約12,000本の樹木を構内に植栽し、市民からは「北の大地の公園工場」として親しまれています。
このような取り組みが高く評価され、緑化優良工場として、1989年の北海道経済産業局長賞に続いての受賞となりました。
現在、北海道製油所では操業以来継続してきた緑化活動に加え、生物多様性にも配慮した製油所づくりを積極的に進めております。今後もこの活動を継続し、地球環境と調和した豊かな社会を形成することに貢献し、社会から信頼される企業になることをめざします。

受賞内容

1.受賞名

「平成26年度 緑化優良工場等経済産業大臣賞」

2.主 催

一般財団法人 日本緑化センター

3.主な評価ポイント

  • (1)約207万m2の工場敷地のうち、約半分が緑地であること。
  • (2)臨海部特有の潮風をネットフェンス設置により防ぎ、地道に土壌改良を施して敷地に緑を育むとともに池や小川などビオトープを形成して敷地に生息する野鳥や野生動物との共存に取り組んでいること。
  • (3)桜並木の一般公開や法人の森制度を活用した植樹、工場緑地を活用した野鳥の教室など、市民とのコミュニケーションを図りながら社会貢献活動を続けていること。

4.表彰式

2014年11月4日(火)
このページの上部へ