ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

2014年度入社式 社長メッセージ

2014年4月1日
本日、東京會舘にて開催しました「2014年度入社式」における当社社長 月岡 隆による新入社員へのメッセージは以下のとおりです。
当社の創業者、出光佐三、我々は「店主」と呼んでおりますが、店主がご存命の頃、毎年入社式で新入社員に伝えていた言葉があります。それは「卒業証書を捨てよ」という言葉です。これは比喩的な表現であって、実際に学校からもらった卒業証書そのものを捨て去れということではありません。

学校、学園というところは理屈や理論で簡単に割り切れるところですが、皆さんが踏み出す実社会、人間社会はそうはいきません。実際の世の中は、もっと複雑で人間の感情や色々な人の利害がからみあっていることが多いものです。従って、まずは謙虚になって、人の話を良く聞き、その上で行動し、また考え、そして再び行動するということが必要です。卒業証書をいくら振りかざしても仕事はできません。仕事をするのは人です。人が中心の世界です。だから、まず謙虚に人の話を聞いて、経験を積むことが必要であり重要、という趣旨です。

実社会における諸問題は、受験勉強のように一つに定まる明解な回答はありません。仕事は、まず小さなことを一つずつ大切に、徹底して取り組むべきものだと思います。その中で、自分なりの疑問や問題意識が生まれ、矛盾の中においても様々に考えを巡らし、解決に向けて試行錯誤をして、徐々に大きな視野を得て、さらに思いを強くして、活躍のフィールドを広げていくものだと思います。
皆さんには、素直さと謙虚さを忘れず、将来の出光を担う強い気持ちを持って、遠慮せずに、積極的に仕事に取り組んで欲しいと思います。社会人は学生とは全く違います。私からも皆さんに、「卒業証書を捨てよ」という言葉を贈ります。

<参考> 2014年度新入社員数

  大学・大学院 短大・高専・高校 合計
事務系 45 0 45
技術系 62 94 156
107 94 201
このページの上部へ