ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

石炭、地熱、ウランを3本柱として石油代替エネルギーの開発、事業化に着手

地熱開発では電力会社に蒸気供給を開始(平成8年11月)
地熱開発では電力会社に蒸気供給を開始(平成8年11月)
石油にとどまらず広く日本のエネルギーを支えていくという使命感から、出光は1977(昭和52)年に新燃料室(後に新燃料部に昇格)を設置し、石炭、地熱、ウランを3本柱として石油代替エネルギーの開発、事業化に着手しました。

こうした取り組みは、その後、風力を含む再生可能エネルギーの領域へと発展してきています。
このページの上部へ