ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

第一宗像丸遭難事故

ノルウェーのタンカー・ブロビグ号と衝突し炎上する第一宗像丸(右)
ノルウェーのタンカー・ブロビグ号と衝突し炎上する第一宗像丸(右)
1962(昭和37)年11月18日、川崎港において、ガソリンを満載した第一宗像丸がノルウェーのタンカーと衝突。

衝突直後、乗務員は二次災害を防ぐため、それぞれの持ち場で応急処置に専念。海上保安本部に事故の状況を無電で知らせ、付近を航行中の船舶に近寄らないよう警告し続けました。

しかし、衝突から10分後に船は一瞬のうちに炎に包まれ、乗組員36名は全員殉職しました。

最後まで事故の拡大防止に努めたその行為は、多くの人の心を打ちました。
このページの上部へ