ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

消費地精製方式で苦境に

重油と軽油を積んでゴールデンゲートブリッジ下を航行する日章丸二世
重油と軽油を積んでゴールデンゲートブリッジ下を航行する日章丸二世
1950(昭和25)年、太平洋岸製油所の操業再開にあわせて、原油輸入を優先して製品輸入を大幅に制限する政策がとられ、製油所を持たない出光は苦境に立たされました。

しかし、朝鮮戦争勃発を機に重油と軽油の輸入に限り外貨が割り当てられることになり、出光は危機を脱することができました。
このページの上部へ