地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

LPガス

戻る

印刷する

液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)を短くして呼びやすくした名前です。圧力をかけると常温で液化する気体燃料のことでプロパンガスとも呼ばれます。LPガスは原油を精製するときにガソリンなどほかの成分と同時に取り出されるものと、油田の周辺から直接ガスとして採取されるものがあります。液体にすることで体積が小さくなり、ボンベにつめることがきるので運びやすく、様々な場所で利用することができます。そのため、山間部や島々における燃料として、また災害時の非常用エネルギーとして重要な役割を担っています。ガス自体は無色無臭(むしょくむしゅう)ですが、ガス漏(も)れしたらすぐにわかるように、硫黄系(いおうけい)のにおいをつけています。都市ガスと同じように湯沸(ゆわ)かし器、コンロ、家庭用燃料電池、ヒートポンプ式エアコンの燃料として使われるほか、LPガス自動車の燃料にも使われています。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.