地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

二次電池(にじでんち)

戻る

印刷する

使い捨ての一次電池に対して、充電(じゅうでん)してくり返し使える電池を二次電池といいます。別名、蓄電池(ちくでんち)・充電池とも呼ばれます。二次電地は昔から自動車のバッテリーとして使われてきましたが、最近では、ゲームや携帯電話の電池パックとしてすっかりおなじみになりました。二次電池には鉛(なまり)蓄電池、ニッケル・カドミウム蓄電池、ニッケル・水素蓄電池、リチウム・イオン二次電池など、さまざまな種類があります。大きさも赤ちゃんが飲み込んでしまうおそれがあるくらい小さいものから子どもには持てないくらい大きいものまであります。最近では、発電量が不安定な風力発電所の蓄電池として大容量の二次電池の普及(ふきゅう)が期待されています。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.