地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

LED(発光ダイオード)

戻る

印刷する

一定方向に電流を流し、発光する素子(そし)のこと。決まった1色の光を放つのが特長です。最初に赤い色が開発され、続いて緑色、青色のLEDができました。光の3原色(赤・緑・青)がそろったため、組み合わせることで白い光を出せるようになり、さまざまな使い道ができるようになりました。消費する電力が少なく、長持ちで故障も少ないという特長から、信号機でも使われるようになりました。さらに省エネ照明として注目され、おうちにも普及(ふきゅう)が進んでいます。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.