地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

生分解性(せいぶんかいせい)プラスチック

戻る

印刷する

土や海水の中にいる微生物(びせいぶつ)によって分解されるプラスチック。
プラスチックは自然界のしくみでは分解されにくいので、いつまでも土や海の中に残ってしまい環境問題のひとつにもなっています。そこで、微生物によって分解されるプラスチックの研究が始まりました。いまでは、文房具やゴミ袋や農業用ビニールシートなどのいろいろ製品が実用化されています。まだ、値段が高いことや種類が少ないことなど課題はたくさんありますが、エコな素材として注目されています。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.