地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

エンジンオイル

戻る

印刷する

自動車のエンジンの中に入っている潤滑油(じゅんかつゆ)。自動車は、エンジンの中のガソリンが爆発(ばくはつ)するエネルギーによって動いているので、ものすごく大きなパワーが部品にかかっています。
エンジンオイルは、部品のすべりをよくしたり、すり減りを防ぎます。また、エンジンを冷やすなど、自動車の性能を保つだいじなはたらきをしています。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.