地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

生分解性潤滑油
(せいぶんかいせいじゅんかつゆ)

戻る

印刷する

微生物が潤滑油を食べて分解します。

自然界(しぜんかい)の微生物(びせいぶつ)によって分解されやすい潤滑油(じゅんかつゆ)を「生分解性(せいぶんかいせい)潤滑油」といいます。
ふつうの潤滑油は、自然のはたらきでは分解されにくく、雨などによって機械から流れ出ると、そのまま川や土に残って汚染してしまうおそれがあります。そのため、出光では環境(かんきょう)にやさしい生分解性潤滑油の開発に取り組んでいます。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.