地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

京都議定書(ぎていしょ)

戻る

印刷する

地球温暖化の防止を目的とする「気候変動枠組(わくぐみ)条約」にもとづいて、世界の国々が温室効果ガスの排出(はいしゅつ)量を減らすために日本の京都で結んだ約束が「京都議定書(ぎていしょ)」です。1990年の排出量を基準として2008年〜2012年の期間中に何%減らすかを決めました。日本の目標はマイナス6%です。削減目標を具体的に決めたことが画期的で注目されましたが、国によって削減量の目標に差があることや、アメリカや中国といった大きな国に削減の義務がないことなど、いまの約束には問題もいっぱいあります。そこで現在、2013年以降の約束は世界のみんなにとって公平な内容にしようと話し合われています。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.