地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

CO2(二酸化炭素)

戻る

印刷する

ものを燃やしたり、生き物が呼吸をするときなどに発生している気体です。それ自体は、色もにおいもなく、人や動物に害もありません。
植物が光合成というはたらきで養分をつくるときには、空気中のCO2を吸収しています。自然のはたらきの中で、CO2が大気中にバランスよく含まれると、その温室効果で地球の冷えすぎを守ってくれます。しかし、電気などをつくるためにたくさんの燃料を燃やすと増えすぎてしまい、地球温暖化の原因になります。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.