地球環境ライブラリー

ウィンドウを閉じる

酸性雨(さんせいう)

戻る

印刷する

森林を枯らし、湖や池の魚を死なせてしまう強い酸性の雨を「酸性雨(さんせいう)」といいます。
原因は、工場のけむりや自動車の排気ガス。出光の製油所(せいゆしょ)では、酸性雨の原因となる硫黄分(いおうぶん)をガソリンや灯油、軽油から取り除いたり(サルファーフリー)、排煙脱硫(はいえんだつりゅう)装置とよばれる装置で煙突(えんとつ)の煙からでる硫黄酸化物(いおうさんかぶつ)を取り除く工夫をしています。

Copyright © Idemitsu Kosan Co., Ltd. All Rights Reserved.