ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

公演概要

入場無料

(別ウィンドウで開きます)コンサートフライヤー(PDF:3.04MB)

開催日時

2015年11月28日(土) 19:30開演

会場

ラオス国立文化会館

連絡先情報

ONE ASIA Joint Concert 実行委員会
E-mail: infol@oneasia-jc.net

注意事項

お子様は大人の同伴が必要です。また演奏中はお静かにお願いいたします。

会場

ラオス国立文化会館

出演者

チャンシレン・パーヴィー [カチャッピ]

ラオスの南部で生まれ、幼い頃からラオス伝統楽器に魅了されてきた。ラオス国立美術学校を卒業後、同学校で教鞭をとっている。伝統音楽だけではなく国外の現代音楽にも精通している。毎年、国内外で行われる多数の伝統音楽コンサートで演奏している。37歳。

タンマヴォン・サックパシット [ラナード・エック]

音楽に関わる仕事をしている父と姉の影響を受け、ラオス伝統音楽に魅力を知り尽くしている。ラオス国立芸術学校で伝統音楽の先生として教鞭を取り、日々家の手伝いも忙しい中で、ラオス伝統音楽に関するイベント活動を続けている。色んな国の文化や伝統音楽にも深い興味を持つ。32歳。

ヴォンサヴァン・パマード [ソー・イー]

14歳の時、少年文化センターでラオスの伝統音楽に出会って以来、彼の人生の中でとても大切なものとなっている。 現在、中学校で音楽の指導をしながら、アーティストとして、若者向けの音楽イベントを主催・活動している。28歳。

カンティ・プナー [キム]

伝統音楽を専門的に学ぶため、ラオス北部から首都ビェンチャンへ拠点を移す。現在、ラオス国立美術学校で伝統楽器「キム」を指導する傍ら、様々な伝統行事で頻繁に演奏している。第7回アジア欧州議員会議(ASEP 7th)、第9回アジア欧州首脳会議(ASEM 9th)、ビェンチャン都450周年記念日、第35回ASEAN議員会議(AIPA 35th)などに参加し、様々な賞を受賞。25歳。

ケオマニーソック・ハンサ[ケーン]

ラオス国立美術学校を卒業したばかりの18歳。学校で演奏活動をしながら、プロのラオス伝統楽器アーティストとしても活動している。ラオスのオーケストラに参加した経験がある。将来は、ラオスを代表する音楽家として、国内外でラオスの伝統音楽を広めることを志している。
このページの上部へ