Facebook始めました!
Facebook天敵倶楽部
メニュー

ミヤコカブリダニ生態

ミヤコカブリダニ

成虫の体長は0.4mm前後、乳白色、ハダニ類を捕食すると胴体部が淡赤色〜オレンジ色に変わります。ハダニ類を好んで捕食するほか、チャノホコリダニ、アザミウマ幼虫や花粉も餌となり、発育・産卵できます。発育日数は25℃で5日前後、ハダニ類より早く発育します。総産卵数は約50卵です。チリカブリダニより乾燥に強い傾向です。

和名 ミヤコカブリダニ
学名 Neoseiulus californicus McGregor
分類群 ダニ目 中気門亜目 カブリダニ科
(Acari, Mesostigmata, Phytoseiulus)
原産 日本本土及び四国、九州、ヨーロッパ、アルジェリア、北中南米
体長 雌成虫体長 約0.4㎜

使い方